マッチングアプリとは

マッチングアプリは出会いを求める男女がアプリ上でプロフィール閲覧、メッセージ交換を行い出会うことのできるサービスです。会員数はおよそ1000万人。10人に1人が使用しています。

メリット

デメリット

マッチングアプリは会員数が多く、自分のペースで自由に出会うことが出来る一方、婚活の意欲が高い人から遊び目的の人もいます。

2017年に結婚した人のうち、婚活アプリを使用したことのある人の割合は22%を超えます。
*引用元:リクルートブライダル総研・婚活実態調査2018

マッチングアプリは数十種類もあり、現在の会員の総数は1000万人以上。目的・年齢に合ったアプリ選びが重要になってきました。

マッチングアプリでは、お相手探しから初デートをするまで、全て自分で管理する必要があり、時間コストを大きく消費します。

マッチングアプリは、登録会員数が1000万人を越えています。結婚相談所や婚活パーティーなど、他の婚活サービスと比べ、出会える人数が多い一方、婚活意欲の高さは人によってバラバラです。また、プロフィール作成からデートの日程調整まで全て1人で進めなければいけません。
結婚相談所マリッジアップでは、東証一部上場IBJの会員データベースを使い、独身率100%の婚活意欲の高いお相手を紹介します。また、仲人がマッチングアプリの使い方も含めフルサポートするので、1人で婚活を進める不安はありません。